全品送料無料(沖縄・一部地域を除く) Amazonでもサンダンス全商品をご購入頂けます。

#21 筋トレするときに何を履くか問題について

みなさんジムに通ってますか?

 私事で恐縮ですが、私は20代前半からジムに通っています。こう言うとゴリゴリのマッチョを想像されるかもしれませんが、まったくそうではありません。いたって普通です。今のジムのトレーニーさん達と比べると明らかにヒョロガリです。実を言うと現在50歳になるまでの30年弱の間で、実際にジムで筋力トレーニングをした年数は、合計で10年にもなりません。仕事や家庭(・・・・・・ではなく実際はモチベーション)の事情で、ジムに通うのを止めてしまった期間が3分の2を占めます。

かといってその間何も運動をしていなかったわけではありません。サーフィンとブラジリアン柔術をしているので、世間の50歳と比べてかなり身体は動かしている方だと思います。そんな私も昨年の3月、約2年ぶりにジムの会員になり筋トレを再開しました。

理由はそう、コロナ太りです。これまではどんなに体重が増えても、75kgを超えたことがなかったのに、気が付けば71kgだった体重が77kgに届こうとしていました。

こうした経緯があってジムに通うことにしました。今回選んだのはあの “GOLD  GYM” です。理由は会社を引っ越して近くなったのと、何より筋トレするならこれほど充実したジムは他に無いと思ったからです。

決め手はパワーラックが4台にハーフラックが2台もあり、各種マシンも2〜4台あることでした。以前通っていた某大手ジムは混雑する時間になると、やりたいときにやりたいメニューができないこともしばしばで、それがストレスになりモチベーションが下がってしまったからです。

会員さんはシュワちゃんみたいなマッチョの方やアスリートが多く、私は彼らの半分以下の重量しか扱えませんが、必死にトレーニングに励んでいます。筋トレを再開して約1年がたち、ようやく現在の自分に適したメニューが固まってきました。以下が現在のメニューです。

・コンパウンド種目(複数の関節を同時に動かす種目/例:スクワット)中心

・全身法(1日4〜5種目各3セット)

・週3回

というものです。
あくまで筋トレだけです。エアロバイクやトレッドミルなどの有酸素運動はやりません。

ジムで履くシューズについて

 スポーツ店にはジムでのエクササイズに適したシューズがたくさん売られています。しかしあれらは、筋トレをバーベルやダンベルでは無くマシンで行い、有酸素運動もされる方向けのシューズです。重いバーベルを担いだり持ち上げたり、引っ張り上げたりするには底が柔らかすぎて不安定で、力がうまく伝わりません。ナイキの「エア」やアディダスの「ブースト」は筋トレには不向きなのです。

では筋トレに適したシューズとはどういったものでしょうか。それはズバリ、VANSやコンバースのような、“底が硬くて薄い” シューズです。ちなみに私は下図のシューズを履いています。

引用元:https://www.facebook.com/AdipureTrainer/photos/a.465811986765954/561312910549194

クッションなど皆無の、裸足感覚の5本指スニーカーです。

問題はスクワット、それもAss To Grassで!

 しかしこの靴も完璧ではありません。なぜならかかとがぺちゃんこで低いからです。かかとが低いとスクワットの際に深くしゃがめません。足首が柔軟な方なら問題ないのですが、肩に重いバーベルを担ぎ、背中を真っ直ぐにした姿勢をキープしたままウ〇コ座りができる人は少ないです。

ここでスクワットについて簡単に説明させてください。スクワットは膝を曲げる角度によって、クォーター、ハーフ、パラレル、フル、フルボトムと5種類に分かれます。もちろんフルボトムが一番深く、いわゆるウ〇コ座りの状態までしゃがみます。別名“Ass To Glass” (お尻が芝に付くまで)といいます。当然一番キツくて重量も挙がりません。

 引用元:どくすくのジャンプ力は無限大より
https://dr-squat.com/2019/03/04/squat-depth-variation/

私はこの “ATG” スクワットを実践しています。今履いている5本指スニーカーではしゃがみきれないので、かかとの下に厚いゴムマットを敷いてスクワットをしています。正直面倒くさいです。今のシューズが壊れたら、次は重量挙げの選手が履いている靴を買いたいと思い、ググってみました。

引用元:https://www.adidas.com/us/powerlift-weightlifting-shoes/GZ5870.html

 上図がその重量挙げ用シューズです。底が固く、かかとが高くなっています。これにより力を伝えやすく、スクワットの際に深くしゃがみ易くなっています。筋トレするには申し分ない機能を備えていますが、問題が一つあります。

価格が高いのです。安いものは1万5千円くらいからあるのですが、かかとの高さが2cmほどしかありませんし、アッパーの素材も安っぽいです。3センチ以上あるものは2~4万円もしますし、扱っているお店が少なく試し履きが困難です。

ともあれ年間150回も足を入れる靴ですし、いい道具を使うことはモチベーションのアップにもなりますので、次回は少し奮発してこのような靴を手に入れたいと思います。

發表留言

請注意,留言須先通過審核才會發佈